海外旅行準備

海外旅行・移住で使うおすすめクレジットカード

海外旅行・移住で使うおすすめのクレジットカードを紹介します。海外に行く際クレジットカードを2枚持っていくことをお勧めします。基本的には今持っているクレジットカードの国際ブランドがVisaやMastercardであるならば1枚目は十分です。持っていない方はこれから紹介するうちのカードで自分に合う2枚を発行することをオススメします。

注目ポイントは国際ブランド・年会費・保険・補償・還元率(ポイント・マイル)・優待です。あとは何も気にしなくて良いです。その中で自分に合っていそうなカードを選びましょう。

JCB CARD W

短期・長期に関わらず海外に行かれる全ての方に1枚目としてオススメします。

国際ブランドJCB
年会費無料
海外旅行保険利用付帯/3ヶ月
年齢満18~39歳まで
通常還元率1.0%

このカードのオススメする理由として年会費無料で海外旅行保険が充実しているところです。海外旅行保険には自動付帯利用付帯があります。JCB CARD Wの利用付帯は”「搭乗する公共交通乗用具」、または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、海外旅行傷害保険が適用されます”(公式ページから抜粋)になります。簡単にいうと旅行に行く時の交通機関をこのカードで1度でも払ったら資格が貰えるということです。例えば成田空港から飛行機に乗る場合、その飛行機の料金や成田空港までに行くまでの電車やタクシーの料金のどれか一つでもこのカードで払えば適用されるということです。利用付帯はこの後に説明します。

ただこのカード1枚で海外に行くことは絶対にやめてください

理由は国際ブランドがJCBだからです。JCBは日本のブランドで世界的には使えない場所が多々あります。あくまでもサブカードとして捉えてください。年齢も満18〜39歳までなので注意してください。作れない方は次のエポスカードをオススメします。

ポイント通常還元率は無料の中ではトップクラスです。また海外の話とは少しずれますが特定の店でのポイント還元率が群を抜いて高いです。

店舗還元率
amazon2.0%
セブン-イレブン2.0%
スターバックス5.5%

クレジットカード通界隈ではこのカードと楽天カードの2枚使いが最強と言う声もあります。海外旅行もこの2枚使いで万全です。これを機にJCB CARD Wを作ってみるのはいかがでしょうか。ちなみに私は使用しています。

JCB CARD W公式サイト

エポスカード

JCB CARD Wを作れない方で海外旅行保険を利用したい方利用付帯が面倒で自動付帯が良い方はこちらをオススメします。

国際ブランドVisa
年会費無料
海外旅行保険自動付帯/90日間
年齢満18歳以上
通常還元率0.5%

通常のポイント還元率は楽天カード(1.0%)の方が良いので楽天カードとエポスカードの2枚使いで良いと思います。

エポスカードの海外旅行保険は自動付帯になります。エポスカードの自動付帯はカード加入後の翌日以降に出発する旅行を自動で保険対象としてくれます。JCB CARD Wの場合は利用付帯になり一度利用しなければならないのと比べると面倒が省かれます。

下記の表がJCB CARD Wとエポスカードの保険内容の対比になります。お世話になる確率として一番高いのは携帯品損害になると思いますが、両社ともそこまで変わらないので好きな方を選ぶと良いでしょう。

保険の種類JCB CARD Wエポスカード
傷害死亡最高2000万円最高500万円
傷害治療100万円限度200万円限度
疾病治療100万円限度270万円限度
賠償責任2000万円限度2000万円限度
携行品損害1旅行20万円限度
保険期間中100万円限度
20万円限度

楽天プレミアムカード

空港ラウンジを利用したい方はこちらの楽天プレミアムカードをオススメします。まずは基本スペックをご覧ください。

国際ブランドVisa・Mastercard
年会費11,000円
海外旅行保険自動付帯/3ヶ月
年齢20歳以上
通常還元率1.0%

基本的な内容は今までの無料カードとそこまで変わりません。楽天カードプレミアムの最大の魅力はプライオリティ・パスを無料で発行できることです。プライオリティ・パスとは世界148ヵ国600以上の地域で1300ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる会員サービスです。プライオリティ・パスの年会費$429(56,000円※現レート)かかる最もランクの高いプランを楽天プレミアムカードを持っていると無料で発行できます。つまり11,000円で$429の価値を手に入れられます。頻繁に海外に行かれる方長期旅行で空港で癒されたい方などは是非持つことをオススメします。

クレジットカードについては以上です。2枚持ちで安心できる旅行をすることをオススメします。また現金が必要になる場合があるのでキャッシングができるカードも同時に2枚持っておくと良いでしょう。キャッシングについてまとめた記事はこちらにまとめてあるので興味のある方は参考にしてください。

-海外旅行準備